昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座歯学教育学部門

講演など

文部科学省 大学間連携共同教育推進事業 「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯科医師の養成」の事後評価で、最高ランクの「S」評価を受けました

文部科学省 大学間連携共同教育推進事業「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯科医師の養成」の事業評価で、「計画を超えた取組であり、現行の努力を継続することによって 本事業の目的を十分に達成することが期待できる。」として最高の「S」評価を受けました。
昭和大学、岩手医科大学、北海道医療大学の3連携大学が、超高齢社会に対応できる歯科医師を養成することを目的として、地域医療教育などを担当する歯科医師会と協働して、超高齢社会で求められる歯科医師像を掲げて、教材開発と授業の実践をしてきました。
構築した教育システムは、「一般歯科臨床コース」に「地域連携歯科医療実習コース」と、「医・歯・薬・保健医療学部チーム医療演習コース」を加えたものです。追加したコースにおける学びを充実させる目的で基礎知識とアクティブ・ラーニングを身につけるために、3大学で協働して開発したIT教材を活用した準備教育を行っています。