昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座歯学教育学部門

シンポジウム

第2回公開シンポジウムを開催しました

本取り組みでは、超高齢社会の到来に対応し、「口腔乾燥症」「基礎疾患を有する患者に対する安全、安心な歯科医療の実践」「チーム医療における歯科医師の役割(急性期)(回復期)」のテーマで基礎知識の修得から臨床への活用まで、3年計画のIT教材を活用した必修授業を3大学で実施しております。
2016年1月23日に岩手県歯科医師会館8020プラザにおいて、本取組のこれまでの成果を広く公開するための 第2回公開シンポジウムを開催いたしました。

参加者:103名
昭和大学:8名
岩手医科大学:76名
北海道医療大学:5名
他大学(連携大学以外):3名
歯科医師会:8名
業者・報道関係:3名

日 時:2016年1月23日(土) 16時~

開催場所:岩手県歯科医師会館8020プラザ

講演

「訪問歯科診療の現状と将来」
守口 憲三(日本訪問歯科協会 理事長)
座長:佐藤 和朗 (岩手医科大学歯学部教務委員長)

シンポジウム

本事業の成果をより活用するために 〜地域連携歯科医療実習への応用〜

  1. 事業の概要と成果について
    昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座 歯学教育学部門 片岡 竜太
  2. 学生の立場から
    岩手医科大学 歯学部 第5学年 小泉 浩二
  3. 教員の立場から 
    北海道医療大学歯学部 口腔機能修復・再建学系 咬合再建補綴学分野 越野 寿
  4. 歯科医師会の立場から
    奥州市国保衣川歯科診療所所長 佐々木 勝忠

総合討論会

座長:岩手医科大学歯学部 口腔顎顔面再建学講座 歯科麻酔学分野 城 茂治

主催/昭和大学 歯学部
お問い合わせ/担当事務局:岩手医科大学歯学部教務課
       TEL. 019-652-4134 shikyomu@j.iwate-med.ac.jp

報告書

目次
第2回公開シンポジウム 報告書
第2回公開シンポジウムを開催して 昭和大学歯学部 片岡 竜太
挨拶文 文部科学省高等教育局大学振興課大学改革推進室長 猪股 志野
講演 訪問歯科診療の現状と将来 日本訪問歯科協会 理事長 守口 憲三
シンポジウム 岩手医科大学歯学部 城 茂治
  1. 事業の概要と成果について 昭和大学歯学部 片岡 竜太
  2. 学生の立場から  岩手医科大学歯学部 第5学年 小泉 浩二
  3. 教員の立場から   北海道医療大学歯学部 越野 寿
  4. 歯科医師会の立場から  奥州市国保衣川歯科診療所所長 佐々木 勝忠
外部評価報告書 東京大学 大西弘高

公開シンポジウムポスター
(クリックすると拡大)