昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座歯学教育学部門

3年次

平成27年度 3年生 臨床シナリオ・学部連携PBLが実施されました

昭和大学では「チーム医療ができる医療人の養成」をキーワードとして,4学部連携教育を推進しています。4学部が連携して初めて臨床的なシナリオを用いる「臨床シナリオ・学部連携PBL」が平成27年12月5日(金),11日(木),16日(火)に旗の台キャンパスと横浜キャンパスで医歯薬3年生,保健医療学部2年生の計600名が参加して行われました。

PBL(Problem Based Learning)ではリウマチやパーキンソン病の患者を主題として,4学部の学生がグループになって専門分野の知識を基にディスカッションを行い、患者さんが有する問題を様々な視点で見て、患者さんや家族の問題の全体像をプロブレムマップという形にして共有し、患者さんに対する治療・ケアについて考えました。グループの力を合わせて,患者さんの有する問題を共有し治療・ケアプランを考え、発表会では大半のグループが与えられた時間では足らない程内容が充実した発表を行いました。