昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座歯学教育学部門

3年生

3年生 チーム医療と口腔医学Ⅰが実施されました

H24年に文科省大学間連携共同教育推進事業で本学と岩手医科大学と北海道医療大学および関連歯科医師会が連携した5年間の取組として「ITを活用した超高齢社会の到来に対応できる歯科医師の養成」が採択されました。超高齢社会でどのような歯科医師が必要になるかを3連携校で協力して検討し、3年生の授業プログラムとして、「全身がわかる歯科医師がなぜ必要か?」「口腔乾燥症」「脳梗塞を発症した患者からチーム医療の仕組みを学ぶ」「口腔診察、検査実習」の内容を学生が主体的に取り組むe-learningとリソース講義と実習という形で、90分授業を10コマで実施しました。