昭和大学歯学部 スペシャルニーズ口腔医学講座歯学教育学部門

ICTを活用した教育

目的・概要

超高齢社会の到来により、歯科患者の基礎疾患有病率・服薬率の増加→超高齢社会に必要とされる歯科医師像の把握

超高齢社会の到来により、歯科を受診する患者の「基礎疾患の有病率・服薬率」が増加しています。本事業では「患者中心の安全な歯科医療を実践」するために、全身の状態を把握した上で、歯科医療を行う際に基礎疾患に留意できる歯科医師を養成します。

高齢者には高頻度に口腔乾燥症(ドライマウス)がみられます。口腔内の痛みや味覚障害を合併しQOLを低下させるばかりではなく、誤嚥性肺炎の原因にもなります。服用薬剤や糖尿病などの全身疾患との関連も深く、口腔乾燥症の原因を理解し、治療を実践できる歯科医師を養成します。

さらに現在歯科医療は診療所に来院する患者を中心に提供していますが、超高齢社会の到来とともに要介護高齢者が増加し、在宅歯科医療(施設を含む)の充実が求められています。

地域医療、多職種連携のチーム医療を理解し、専門的口腔ケアを実践できる歯科医師を育てます。

期間

平成24年~平成28年度(5年間)

取組内容

ITを活用した教育センター (3大学と歯科医師会)における取組内容

3大学と歯科医師会TV会議を中心としたITを活用した教育センターの設立

  1. 能動型学習資源の改良
    [e-learning・VPシステム・電子ポートフォリオ]
  2. ITを活用した超高齢化社会に対応した歯学教育プログラムの開発
  3. 教育目標の到達度の評価
  4. ITを活用した歯学教育プログラムの改良

教育内容とITシステム

まず基礎的な力をe-learningで身につけ、臨床推論能力、コミュニケーション能力を仮想患者教育システムで養成し、さらに臨床における自己評価能力を電子ポートフォリオで養うのが特徴です。

ITを活用するので、いつでも多施設で教育とその結果を共有することができ、ステークホルダーである歯科医師会も歯学教育に対して具体的な提言をすることができます。